C1.次のステージ

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 15:49

JUGEMテーマ:教育

 

 その後、大学に戻って生活をしたが、すべての面で気が抜けた毎日が続いた。大学は西三河と東三河の中間地点にあり、雰囲気は悪くはなかったが、大いなる田舎であった。70年安保のなごりの立看はあったが、大部分の学生は興味はなさそうでしらじらしかった。高校時代とまるで平和な世界がそらぞらしく思えた。

 

 澤田さんのこともあり、人を本当に好きになる・愛するということに関しても虚しさを感じるようになり、本当の自分がどこにあるのかわからなくなっていた。

 澤田さんや宗教に影響されて、教育の思想・哲学科に入ったものの何か実体となる確かな手ごたえがない。こんなことだったら、実社会で役に立つ経済を追求した方がいいのではとも思うようになりはじめていた。

 

「そうだ、東京へ行こう!」

そう思い立って1年の冬に実行に移し始める。高校時代の友人で東京と横浜に下宿しているスズキや安井を頼って、様子伺いをしに出かける。

 安井は横浜国大に受かっていた。横浜まで行って彼の下宿に泊まり込みで押しかけ、横浜の学生生活の様子を聞いた。安井は…

「そりゃ、都会の大学にあこがれるのはわかるけれど…でも、うちの大学だってそんないいもんじゃないよ」

「うちの大学でも学生セクト争い激しくってね。大学の正門のところで内ゲバがあってさぁ。ゲバ棒で学生が叩きのめされて、頭がい骨陥没で目の前でたたき殺されたのを見たよ。あんなのひどいもんだよ!」

 

 東京のズズキの下宿にも転がり込んだ。散らかった部屋に泊めてもらった後で、下宿を探す。月額3000円くらいの下宿があったので見に行くと、普通の家の階段の下の隙間のようなところが寝床になっていてそこから這い出して生活している苦学生を見る。まるで現代の木造家のカプセルだ!「そうか、こんな生活もあったのか」と感心しながらも東京生活を画策する。

 

=========================

 そんな話を見聞きしながら、親に察知されて反対され最終的には名古屋の南山へのニセ学生としての編入を決めることにして赤シャツ物語がはじまることになる。


 南山での人形劇生活、そして教育大に戻っての人形劇サークルを経て同年代と遅れて卒業し、教師としての道を歩きはじめるのである。

コメント
コメントする