29.三学期になって

  • 2019.06.09 Sunday
  • 15:44

 年が明けて、一月になっても相変わらずてのひらの部室に入り浸ってフォークギターなどひいてみんなと歌ったりして楽しんでいた。ところがその月の終わり頃、祖母と住んでいた倉庫へ突然親から呼び出しがあった。

父「どういうことだ。大学の学生課から連絡があったぞ!一日も講義に出てないっていうじゃないか!毎日何処へ行ってるんだ!」しこたま怒られ怒鳴られた。ついにバレたか!この親には、それ以前もそれ以後も自分の人生に色々迷惑や心配をかけることになり、いまもって頭が上がらない。

 

 翌日、教育大の学生課に行き、取り調べを受けることになる。そして、留年の通達、来年度からの受講の意思を聞かれた。一年間1日も講義に出席しなかったのである。当然と言えば当然の報いである。

 久しぶりにキャンパスを歩いているとかつての同僚が自分の顔を見つけて「やぁ、久しぶりだなぁ。珍しい奴がいる。生きとったのか?」懐かしいというより、珍しい生き物でも見るような顔をして話かけてきた。

 この大学は刈谷市の井ヶ谷という田園地帯にあった。この年の3年ほど前まで西三河の名古屋分校と東三河の岡崎分校に別れていたが、統合されて中間地点刈谷市に統合されてここに移転した。名古屋分校時代だったら南山と交流があったかもしれないが、この時代は、名古屋市の各大学とはほとんど交流がなく、孤立していた。

 帰りがけに一枚の白黒のポスターが貼ってあるのを見かけた。教育大の人形劇団「むう」の公演案内のポスターだった。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM