24.大学祭に向けて

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 18:57

 2学期が始まった。大学祭に向けて新作を創る必要があった。地下鉄の本山にメルヘンハウスという子ども向け専門の本屋がある。どんな題材があるか、よく通ったものだ。その中にあった「すてきな三人組」という絵本。ファンタスティックで心あたたまる話。これがてのひらの新作のすてきな三人組題材として選ばれた。この絵本は今でも図書館とか子どもの絵本のコーナーで見かけることがある。見かけるたびにこの当時のことを思い出しドキドキ、ワクワクしてしまう。

 

 1学期は、まじめに講義に出たものの2学期になると出るには出たが、気持ちはもう人形劇に集中しそのとりこになっていた。そして毎日、毎日、制作と稽古に明け暮れる。人形劇は、公演のときだけではなく創っていく段階からメンバー全員の心が一つになっていないとできない。公演で公開されるまで、全員の心がゆっくり、ゆっくりと一つにはぐくまれて行く。

 この作品は、とても丁寧に作られ、多くの人に絶賛を浴びた。例えば、プロのむすび座の団長、丹下氏とか。

 

 自分が何の役だったか覚えがない。けれど「てのひら」の人形劇に携わった人は全員覚えがあるはずだ。

 劇の幕が上がる前、黒子をかぶりケコミの中で息を殺して待つ時間・・・今日はうまくできるだろうか?・・・今日の観客の反応はどうだろうか?ワクワク、ドキドキする至高の時間これがたまらなく好きだった。

 人形を操る者たちだけではない、大道具、小道具、ブタ監全員が開始前に目と目を合わせ、お互いに無言の合図をおくり、カーテンが開くのを待つ。開始前、ナレーター役が観客側に立って挨拶をし、開始前に説明をしはじめると全員一致で気持ちを一つにしていく・・・

 劇が始まるともう、ほとんど無心。人形を操作し演ずるもの、大道具、小道具役、そして観客の心が一つになって物語りに没頭していく。それが人形劇の魅力であった。

 制作前も公演中も、そして、演じきった後もメンバーの日常の私生活でも多くのドラマが生まれていくことになる。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM