1.なぜか南山に?

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 01:23

 あれは、今から45年も前のことになる。4月3日、春爛漫の桜吹雪が舞う南山入学式の学内のことであった。大学の門への坂を登り、門をくぐって研究棟や講義室の方へ向かっていく通路を、これからどんなことになるのか、期待と不安を持ちながら歩いていた。

 大学の入学式とはいうものの学生にとっては退屈なもの。それより通路の両側に露店のように立ち並んで各サークルが新入生への入部勧誘合戦が繰り広げていた。運動系山岳部、音楽サークル、テニス部、洞窟研究会、演劇部などテントや机を出して新入生にアピールをしている。

 その中にひとつ小さなサークルが数人の新入生を捕まえて話しかけていた。少し太っちょの女子学生が話しかけてくる。「人形劇団 てのひらでーす。新入生歓迎でーす。入りませんか、入りませんかぁ!」

 心の中で、”人形劇か。そういえば神野もそんなことやってたなぁ。でも、サークルに入るのは…入ればヤバイから…” そう思いつつ、並べられた人形をキョロキョロと見てその場を通り過ぎようとした。その様子に入部の気があると思われたのか、背の低いガタイの太い学生と細長の髪がモサッとしたひょろ長い学生が両側で腕を絡ませてきて、ニカニカ薄笑いを浮かべながら自分を引きずるように引き込んだ。一つの空いた教室に連れていかれると、新歓用の教室が1つ確保され、そこにはもうすでに、数人の新入生が座らされていた。

 後でわかったことだが、最初に声をかけてきた女性はボス、太っちょの男子学生はブッチャー、髪がモサッとしてほそ身の学生はヨーくんである。このサークルはすべてあだ名で呼ぶ風習があった。他にもオオマサ、チビ太。人形劇部員というと女が多いと思いきや、意外に男子部員が多いのに驚いた。

 

 自分には一つ大きな秘密があった。半月ほど前、南山学内での合格発表の時のことである。当時は大学合格通知を見に、大学構内の発表掲示板の前にいた。自分は、南山の入試を受けたわけではないのにここにやってきていた。合格通知掲示板をじーっと眺めていて、数ある合格者の中で経済学部の終りの方に一人の合格者の名前を見つけ、見つめた。

「2914 磯部 策司 イソベサクシ」 この名前をじっと見つめ、心に刻んだ。

”イソベサクシかぁ。いかにも詐欺師のようなペテン師のような変な名前だな。でも、経済学部だし、サボりが多そうな…こんな名前でいいかも…”

 

 自分の本当の名前は、山本健司。別の大学、愛教大の学生であったのだが、今日からこの学生になりきることにしていた。

 前年、教師になろうと教育大の哲学科に入ったのだが、なぜか毎日が平凡で退屈で面白くない。大学の学生生活の仕組みを見てみると講義は誰でも受講することができる。教室に部外者が入っていても、どんな人間が混じっていてもわからない。だったら東大だって、早稲田だって授業が受けられるし、面白い人間もいるかもれない。

 そんな思いが沸きあがってくる中で、ある朝、大学校舎前の丘陵地、通称サボリが丘に座っていると無表情な学生たちがバス停を降りて学棟に向かって黙黙と歩いてくる。「自分もこの中の一人か?」そう思ったとたん、一気に嫌になった。そして、この大学からドロップアウトすることを決意した。

 

 当初は東京の大学が集中しているところを狙って、休みに何度も東京の友人たちの下宿を訪れ、そちらで受講できないか計画を立てた。しかし、親に察知され、猛反発されて許されることはなかった。仕方がないので、昨年受験した経験のある名古屋の南山大学をターゲットにして、現大学をサボり、通っているふりをして内緒で通うことにした。南山なら近くに名大も福祉大も中京大もいっぱいあるからと考えたからである。

コメント
コメントする