5.練習・キャンパス生活

  • 2019.05.16 Thursday
  • 22:58

 いよいよ、新人たちの能力が試される新しい人形劇の作成がはじまった。

 ひとつの作品を作るには多くの裏方が必要だ。ブタカン、照明、脚本、人形制作、バックの背景、ケコミ作り。ブタカン? 初めは、ブタカンがブタの缶のことだと思い、「ぶた監」が何をするのか、言葉の意味がわからなかった。

 一番最初にやったのは、魚の父ちゃん役。魚の子どもが飛び出して、父に助けを呼ぶ。そのときの自分の台詞が魚の父が「なんだ、なんだ、どうしたんだい、坊や!」ただそれだけのセリフ。出番もそれだけ!魚の坊や役は、かわいいとん平だった。

 私は、その頃、声が若くて高かった。父ちゃんなので、声は太く、大きく出さなければと思うのだが、大きな声で出そうと思うと声がさらに高くなり、何度やってもうまく父ちゃんの雰囲気が出ない。何度も何度も声を出して練習するうちに声をからして出なくなってしまった。難しいものだなと改めて思うのであった。

 

 南山は遠くの他県から出てきて、下宿している者が多かった。阿修羅もベーもブッチャーも。ブッチャーなんかは出身が奄美大島、ベーは福島県、とん平は鹿児島からでみんながんばっていた。

 最初、ブッチャーの顔を見たときの印象は、怖い顔!まさにプロレスのアブドラ・ブッチャー!ぼくとつで無口だったのでどう話していいか、どうつき合ってわからなかった。イスパニア語を勉強していて、アルバイトにどこかの会社の社長の家庭教師をやっていると聞いた。すごいなと感心した覚えがある。ブッチャーは顔とは全然別で、とてつもなく優しくて頼りになり、想いやりのある人物であった。当時、「燃えよドラゴン」のブルースリーがおおはやり。髪型がブルースリーに似せるて痩せさせればそう見えるかも!

 そのブッチャーと仲がよかったのがチビタ。2人の性格は全く正反対。チビタは本当に芸達者であり、物まねが得意だった。人形を持たせるとまるで人形に精気がみなぎるよう。後年、むすび座の丹下さんを慕って、むすび座に入り人形劇のプロとして活躍をしたと聞いている。

 部室は、学生たちの逃げ場所。さぼっても休憩でも狭い部室にたむろした。

 

 自分は南山だけではなく、名大の講義にも出かけていた。しかし、経営経済の講義は何度聴いてもピンとこない。今思うと、教授たちも本当は社会や経済の本質のことがわかっておらず、理論だけ振りかざしていたのでは?

 愛教大の教授で唯一よかった講義は"大屋"という名の教授。毎回の授業がとてつもなく、漫才のように面白く笑いに満ちていた。

 当時は、ソ連と米国が対峙し、いつ核戦争が起こるかわからない不穏な時代。資本主義と社会主義の成り立ちから、今後どうなるというガルブレイスという経済学者の予言の本の紹介をしてくれた。資本主義は修正資本主義といって社会主義的な公益を手法を取り入れ、社会主義は修正社会主義として資本主義的な手法を取り入れ、気がつくと世界は資本主義も社会主義もなくなってしまうという理論であった。そのときは、まさか、ソ連・東欧が崩壊し、中国が資本主義的手法を取り入れ、アメリカと対峙するようになるとは・・・当時は夢にも思わなかった。

 

 あるとき、3回生が受けるべき講義室で講義を受けているとそこでアサノ氏と鉢合わせした。

「あれ?何で赤シャツ、この講義出てるの?」

ドキリとした。チャカして、「ちょっと興味があったからね。気晴らしに出てみただけだよーっ」

 そういったものの一回生が三回生の講義にわざわざ出るなんてといぶかしがられる。アサノ氏は経営学科だったのである。ニアミスに自分のことがばれるかもしれないと思い、頭から血の気が引いて、また、冷や汗が出た。

6.新歓コンパ

  • 2019.05.17 Friday
  • 12:06

 新年度が始まって日数がたつとサークル内の人間関係も少しづつ、変化してくる。オオマサとトン平がなんとなく親密になりはじめる。日常の練習、毎日の会話で、目つきや話し方がどんどん優しくなってくるのである。

 新年度のサークルが始まって、3週間ほどして新歓コンパが行われた。合宿所でお酒と食べ物が出て、先輩たちの自己紹介、特技かくし芸などが披露されていく。寸劇も行われて大いに盛り上がっていった。

 新入生はほとんどお酒に対する抵抗力がない。お酒を飲むとだんだん気持ちが緩んでいくが気がつくと歯止めが効かなくなる。自分も酒で前の大学で、大失態をやらかしたことがある。

 【 教育大の大学祭で日本酒をがぶ飲みして、運動場を1周全力疾走。その後、記憶がふっ飛ぶ!トイレでゲーゲー吐いて女の子に背中をさすられる夢を見て、翌朝、気がつくとそこには見たことのない4畳半の下宿部屋。6人ぐらいの見知らぬ学生達が1つの布団に足を突き刺すように寝ている。どうして自分がそこにいるのか…その部屋を出て大学へふらふらと向かうと行き交う人が皆自分を避けていく。近くの女子に聞くと、「昨日、大変だったんだから!あんたここで大暴れしてケーゲー吐いたんだよー!私がトイレで背中さすったんだから。みんなあんたを避けるはずだよー!昨日のこと、全く覚えてないのーっ?それにまだ酒くさーーーっ!」

 頭痛と吐き気とともに2度と日本酒のお酒なんか飲むか!と誓った 】

 

 さて、てのひらの新歓コンパ、みんなは話に夢中、その中でバケが青い顔をして、ゆっくりフラフラとこちらに向かってきた。何か話でもあるのかな?と顔を覗き込んだら、悲壮な顔をして…

「私・・・変な気分・・・赤シャツ、ねぇ、そこどいてぇ〜〜!」・・・そう言うや否や、少し身体をかがませたかと思うと…口から何かがあふれ出て…

あっと思ったが、反射的にボクの手のひらをそろえて前に出してしまった。するとそこに・・・ゲロゲロゲーッ!

手のひらにたっぷりのバケのゲボ…!それをどうしたことか、一滴も床こぼさず受けることができた。トイレまで行って便器に捨てられて…ナイスキャッチ!

汚いとは思わなかった。服も床も一切汚れていない。自分でも感心するくらい上手に女の子のゲボを両方の手のひらで受けることができた。これは奇跡的で新鮮な初体験であった!

 

 コンパが終わって、帰り際、オオマサとトン平が街中を並んで歩いていく。

オオマサがお酒を飲んでふらつくトン平に、「おーい、だいじょうぶか?そっちって下宿の方向?・・・そっちはラブホテル街だぞーっ!」

トン平「えぇ〜?そうなのぉ〜?帰る方向、こっちのはずなんだけど…」

オオマサがニヤッと笑い、冗談めかして、「じゃあ、今晩、いっしょにホテル行く〜〜っ?」

トン平「やだぁーーっ、オオマサ君、何、言ってるのよ〜!」 例の怒った頬のふくれ顔を見せながらも、恥ずかしそうに地下鉄の駅の方に走り去って行った。

7.甘えの時期

  • 2019.05.18 Saturday
  • 16:47

 毎日のサークルでの日常は、明るく楽しそうに振舞っていたが、自分は心の中に空洞を持っていた。それは、南山では、ニセ学生ということであり、自分の生き方、高校の時の失恋のこともあった。
 その空洞が、ときどき心の中でふっと顔を出す。人形劇の部室にいるとき、なぜかその空洞の波長に気づく人がいた。ボスとマキコである(もちろん、具体的なことではわかってないのだが…)。マキコは脚が悪く、ちょっと足を引きずるように歩くのだが、とてもきれいで細身のスタイルのいい人で、彼氏もいた。学年は上なのだが、自分は愛教大で1年過ごしているので年齢は同じ。当然だが、こちらのことを年下の後輩だと思って接してくる。浮かない顔をして、部室にいると「赤シャツーっ、どうしたのー?何か元気ないみたい…」と声をかけてくる。
 こちらはどうでもいいような話題に換えて、相談するように話すと親身になって応えてくれた。話し相手に応対してくれるだけで心地よかった。
 ボスはサークルの母のような存在で、感が鋭く、こちらのちょっとした動作振る舞いに気づいてくれた。多分、てのひらの新入生をおもんばかって、サークルをまとめるためのだったであろうが、ことあるごとに優しく癒すように接してくれた。時には真剣に手厳しい指摘も言ってくれる。そのてのひらのボスやマキコたちの作り出す優しい空間「てのひら」に自分は甘えていくようになった。

 

 新入生の中にいつもいっしょにいるキャンパスを闊歩している3人組がいた。ハン、ヨーコ、スルメである。彼らは南山高校から、そのまま南山大学きた。当時、「ジュンキン」という言葉があった。名古屋地方にしか通じないが、キリスト教の女子学校、金城中学・金城高校・金城大学、この3つを通過する女子大生のことを「純金」と呼んだ。

 彼女らはそのジュンキンならず、南山の「三羽カラス」!部室の男子達には陰でそう言われていた。女子がいつも3人トリオでキャンパスを歩いているとなかなか男子から声をかけにくい。こんなタイプは、あまりもてないだろうなと思っていたのだが…ところがどっこい。その後、この3人にはいろいろなことが起きていくことになる。

 

 それに引き換え、シオカラとユキコと赤シャツ、この3人トリオはサークルの中では、新人男部員のもてない代表格・三羽ガラスであった。

 新人の中でアシュラは、群馬出身、わりとイケメンだと思ったことがあったが、実際の恋愛状況はどうだったかあまり記憶にない。

 ヌーボーは、背が高く、いつも茫洋としていた。顔はともかく、男としての体格がいい。ただし、今の時代なら「ボーッとしてんじゃぁねぇよー!」とチコちゃんに叱られそうなタイプ。だが、女性から見るとどうだったのか、もしかするともてない3人組よりましで、魅力的だったのかもしれない。

8.困ったこと/初めての演出

  • 2019.05.19 Sunday
  • 22:12

 サークルで連絡用に部員の名簿を作るという話が持ち上がった。これは、困った。問題は連絡用の電話だ。家にサークルの誰かから、連絡の電話をかけられたら、一発でニセモノとわかってバレてしまう!てのひらを止めようかとも、考えたが…

 

 秘策を思いついた!実家から500mほど離れたところに祖母が一人暮らししている。その家には実家とは違う電話があったので、そこの倉庫部屋に寝袋で寝泊りをすることにした。祖母に、

「僕は学校でイソベ サクジ 赤シャツ ってあだ名をつけられた。もし、電話があって赤シャツとかサクシますか?って聞かれたら僕のことだからね。学校では僕の名前を言っても通じないから絶対言わないで!」 祖母に何度も何度も繰り返し説明して納得してもらった。祖母は「変な子だねぇ。変なあだ名つけられたんだねぇ」と笑って納得してくれた。自分はおばあちゃんっ子だった。

 ボスには「うちへ電話連絡するときは、なるべく赤シャツいる?って聞いて!」と連絡名簿を書いて出すときそう言っておいた。ひとまず、それで危機を脱することになった。


 5月の後半、新入生中心で「お手紙」のリニューアルをすることになった。その時の演出・ブタ監は、上級生の方からなぜか、赤シャツがやってみなさいということになった。

 魚の父ちゃんの一言でも演技が難しいと思っていたのに、また「お手紙」はてのひらの名作なのでおとしめる訳にはいかない!そのブタ監なんて…とてもとても。けれど、人形劇の本質もわからないまま、劇の制作に入っていくことになった。

 事業後の練習、土曜日の午後の練習のとき、ときどき民ちゃんがやってきて、差し入れをしてくれた。民ちゃんはそのとき、4年生で練習には参加しないが、OBのような存在で応援にきてくれる。ばんちゃんもきてくれて、裏方の大道具作りを手伝ってくれた。

 新入生の中に、ママとノンちゃんがいた。ママはスタイルがよく、岐阜出身のスラリとしたモデルのような美人。自分は相手が美しすぎると物怖じをしてしまう。顔がツンとすましているような印象だったので最初とっつきにくいかなと思っていたが、話してみると時折の岐阜弁が面白かった。そのときは、大道具小道具のような仕事をしてもらった。ノンちゃんはおっとりとした色白でくせっ毛がある小柄なかわいい女の子。小道具を準備し、しっかりと補助をしてくれていた。とにかく、大勢の裏方、OB、上級生、いろんな人のおかげで人形劇は創られていく。

 どうせリニューアルするなら、何か面白いことを…と張り切って笑いを多く入れるように改良し、練習を進めて行った。総リハーサルが行われるとき、民ちゃんたちOBの人たちも集まってきて観てくれた。ところどころで笑いが走る。こんなもんかなと思っていたところ、リハが終わった後の感想で、舞台を見ていたボスが突然、ダメ出し!

「面白いんだけれど、なんか違う!お手紙のよさが消えてるよ。これで伝えたいことって何?…笑えるけどなんか違うような気がするんだけど…」

 鋭い!本当は自分でもそう感じていた。どう演出していいかわからないので、安易な受け狙いのリニューアルをしてしまっていた。ギャグを多様したために、本来「お手紙」の持っていた暖かさ、かえる君とがま君の友情を薄れてさせてしまっていたのだ。

 それは、制作途中でもうすうす自分で気がついていた。けれども、作品の本当のよさを引き出させる演出の方法を自分はまだ知らなかった。

9.合宿中の肝試し

  • 2019.05.20 Monday
  • 15:20

 人形劇団てのひらは、制作に入るとよく合宿をした。ひと通り制作や練習が終わると合宿所に入る。

 制作や練習を終えた後の夕食後、近くの八事・興正寺の高台にある墓地で、肝試しをしようということになった。くじで男女2人のペアを決め、怖い話をする。そして、下から石段を上がって上の墓地に行き、一番奥の古い怖そうなお墓の前にノートが置いてあって、ノートに自分たちの名前を書いて、帰りは別のルートの坂道をみんなが待機しているところに帰ってくるのだ。

「昔、あるところに小さな古井戸があって…」 話を少しはじめただけで、もう新人女子たちは身震いしはじめる。

「悪の十字架の話…古い古いお店の入口に一人のみすぼらしい男が立っていた。その男は、地獄からの伝わってくるような声を出して、お店の門番に声かけた・・・開くの十時か?

こんなたわいのない話だが、肝試しというと女子たちはキャーキャー言う。それをうれしそうに、眺めていたのがシオカラとヨー君とユキコ。怖がる女の子たちに手を組んでもらえるだろうという期待からだ。

 トップバッターは、オオマサ君ととん平。真っ暗い階段を2人で恐る恐る登っていく。上の方でキャーッという声が聞こえ、男たちはニヤニヤ笑っている。次は、アサノ氏とスルメ。三番手は、ヌーボーとのん・・・

 怖さのため石段を登り切れず、駆け下りてきてしまう女子もいた。わたしは、べーといっしょに行くことになった。腕にベーがしがみついてくる。しがみつかれてうまく石段を登れない。ベーの胸が腕にむぎゅ〜っと押し付けられて、こちらは怖いことより、なんか気持ちいいというかうれしいというか…。ベーは、見た目以上に着やせしていて、胸がふっくらしていた。

 チビ太はバケといっしょじゃなかっただろうか?…後半になって慣れてきたので上級生の女子たちはそれほどの怖さを感じなくなってきた。そこで、シオカラとユキコと赤シャツの3人で上の方に行って3か所に分かれて隠れておどかしてやろうということになった。階段の木陰に隠れて、ペアで石段を登ってくるのを待った。

 登ってくる2人に木を揺らしてガサガサ音を立てるだけで悲鳴を上げる。面白くて興にのってやっていたのだが、脅し役の3人に思いの他の敵が現われた。「かゆーい、かゆかゆかゆーーっ」やぶ蚊の大群である。ペアが階段を登ってくる前にすぐに降参。3人は坂道を転げ落ちるように帰ってきた。手足がやぶ蚊に食われて、真っ赤になってしまったのである。

 

 合宿所へ戻ると先ほどの肝試しの後、いくつかの仲のいいペアが出来ていた。オオマサにとん平はもちろんのこと、アサノ氏にスルメ、ヌーボーと確かのんちゃん。

 ヌーボーとのんは壁にもたれて2人脚を投げ出して親しげに話している。まるで、チッチとサリーの漫画みたいに…

 合宿やコンパを通じてだんだん、カップルができ、増えていく。半面、やぶ蚊に食われた上に、そのまま女に持てない3人組を続けて行くのは、シオカラとユキコと赤シャツなのであった。

10.合宿の翌日

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 17:30

 合宿が終わって、翌日午前中まで制作と練習があり、午後、三々五々の解散となった。帰り道、バス乗って帰ろうとバス停に向かっていくと、きもだめしでいっしょにアベックだったべーが一人でたたずんでいた。

 ベーは福島から南山に来ている。聞けばまだ、名古屋の街に慣れていないという。じゃあ、名古屋を案内してやろうということで栄方面に2人で出かけた。ひとしきり、デパートで買い物をして、栄のデパ地下の喫茶店でてんこ盛りのパフェを頼む。

 ベーには福島なまりがあり、福島弁で「・・・だべぇ?」とみんなの前で言ってしまってベーとあだ名をつけられた。他のみんなよりは口数が少ない。あまり、会話が弾まないまま、久屋大通公園の方に向かった。

 あれは、どこだったんだろう。大通公園を見渡せる丘のようなところのベンチに腰をかけた。

 ベーは朴訥な口調で、自分が育った地元の話、高校時代の話など少しづつ話しはじめた。「わたし、愛知県にきてしまって、今、ちょっと寂しいの!」ホームシックにかかっていたのだ。

 

 寂しいという言葉を受けて、自分の中にある心の空洞がうずき出した。「ボクにだって寂しいって感じることあるよ。孤独だと感じることもある」

 ベーを慰めるつもりで、寂しいのはベーだけではないよと言うつもりで、つい気が緩んで自分の高校時代の失恋大失敗をして寂しいことを話すことにした。他にうまく会話ができなかったせいもある。ちらちらと話し始めると…(この話は多分、ヨー君が10年以上前に私のHPを見つけ、前回のOB会でみんなに紹介したと思われる連続小説の話です。その内容はまた、いつか公開することがあるかも…お楽しみに!)

 ベーもだんだん話に乗ってくる。なんと2時間ほども長々と話してしまっただろうか?

 人の失恋の失敗談は面白いもの。ベーは目を輝かせながら、「それで…それから・・・それからどうなったの?」と聞いてくる。調子にのって、とうとう最後まで話して告白してしまった!名古屋の栄の夕暮れの夕陽がきれいな、たそがれどきであった。

 

 翌日、キャンパスでベーの姿を探した。気を許して一つの秘密を話したからか、急にベーに親近感を抱いてしまったのだ。自分の心の奥にしまっておいたうちの一つを話してしまったので、自分のことを理解してくれたと勘違いした。ところが、キャンパスで会おうとするんだけれど、なかなか会うことができない。会っても、なぜか避けられているような…ベーは逃げるように行ってしまう。

 合宿の後で、きれいな夕陽の沈む中であんなに親しく話せたのに…、心の隅まで話したのに…なぜか、ベーが自分を避けている。話しかけても2,3言葉を交わすとすぐに逃げるように行ってしまう。人の心というのは不思議なものだ。会って話そうとして逃げられると、なぜだかまた無性に会いたくなって話したくなる。

 

 10日ほど、そんなことが続き悶々とした。夜も眠られなくなった。自分がベーを好きになったのか?恋をしたのか?…いや、違う。そうじゃない、なんかおかしい! そのときの感情がなんだったのか、なぜ、ベーは自分を避けるようになったのか、よくわからない。

 今でも、福島県と聞くと【 胸がふっくらしてて意外にプロポーションのいいベー 】のことを思い出す。ベーは、今どこでどうしているんだろうか。東北の震災や福島のこと、テレビでニュースを見たりするとベーのことを思い出したりする。